色をわけよう


材料を準備しよう

サインペンは必ず水性のものを準備すること
メ−カ−を違えて同じ色をそろえてみると違いが出ておもしろい
(特に黒はメ−カ−による違いが大きい)
お椀の変わりにカップメンの容器でも良い(洗って乾かしたもの)

ろ紙を折ってまん中に穴をあけよう
  丸いろ紙を四つに折って真ん中をきめ,真ん中に先が細いはしで穴をあける
(はしでなくても穴があけばよい)

ろ紙にサインペンで色をつけよう
  ろ紙の中心から同じ距離の所にサインペンで色をつける
ティッシュペーパーでこよりをつくろう
  テッシュペ−パ−を縦にさいて,はじから丸めてこよりを作る
途中まででかまわない
丸めた方をろ紙の穴に通し上のほうに1センチぐらい出して下はそのままにしておく
水を入れた容器の上にのせよう
 
容器に水を入れる
容器の縁に水がついていたらふいておく
ティッシュペ−パ−の長い方を水の中に入れてろ紙を容器の上に静かにのせる

ろ紙につけた色の変化をみよう
  ろ紙に水がしみてきて色がわかれていく様子を見てみよう
水がはじのほうまでしみたら水から取り出してかわかそう
ろ紙に水がしみてきて色がわかれていく様子を見てみよう
水がはじのほうまでしみたら水から取り出してかわかそう