HOME

ご利用案内
開館時間

9:00~16:45まで

(ただし、入館は16:00まで)

休館日

毎週月曜日

(祝・休日の場合はその翌日)

祝・休日の翌日

(土・日曜日・休日・10月の第2月曜の翌日を除く)

年末年始

(12月28日~翌年の1月4日まで)

毎月第4木曜日

(12月・休日は除く)

※詳細については休館日カレンダーをご覧ください。

入館料

●~平成28年9月30日

一般 500円 (400円)

高校生300円 (250円)

中・小学生 200円 (160円)


●平成28年10月1日~

一般 540円 (430円)

高校生320円 (260円)

中・小学生 210円 (170円)

( )は30人以上の団体

仙台市科学館キッズページ
お天気アイ
仙台市科学館モジュール学習
見験楽学

トピックス

     

入館料変更のお知らせ  
  ☆平成28年10月1日より、入館料が左記の「ご利用案内」のとおり変更となります。




 昆虫生体展示「ボクらはみんな生きている」
(1)内容: 好評のうちに終了した夏休みの特別展「見て!触って!わくわく昆虫館」の昆虫の一部を期間限定でお見せします。
(2)場所: スリーエム仙台市科学館 4階 自然史系展示室内
(3)対象: どなたでも
(4)費用:  入館券が必要です。
(5)問い合わせ:  スリーエム仙台市科学館
展示室の様子はこちら


 パソコンのあゆみ
(1)内容: 年代ごとに製造されたパソコンの実機を展示しています。製造された当時の雰囲気を残す外観とともに、その変遷を紹介いたします。
(2)場所: スリーエム仙台市科学館 3階 生活系展示室内
(3)対象: どなたでも
(4)費用:  入館券が必要です。
(5)問い合わせ:  スリーエム仙台市科学館
展示室の様子はこちら


 第63回仙台市児童・生徒理科作品展
(1)日時: 10月8日(土)~10月16日(日)
(2)内容: 市内の児童・生徒が作成した理科作品の展示を行います。
(3)場所: スリーエム仙台市科学館 2階 特別展示室
(4)対象: どなたでも
(5)参加費:  無料
(6)問い合わせ:  スリーエム仙台市科学館


 楽しい化学実験室「銅箔の色を変化させてカラフルなストラップを作ろう!」
(1)日時: 10月8日(土) 10:00~12:00
(2)内容: カラフルな銅箔を作成し、それをちりばめてストラップを作ります。
(3)場所: スリーエム仙台市科学館 2階 第4実験室
(4)対象: 小学3生以上 定員30名(小学4年生以下は保護者同伴)
(5)参加費:  無料
(6)申込:  往復はがき(往信52円、返信52円)に下記の必要事項を記入の上、科学館宛にお申し込みください。
        ①イベント名 ②住所 ③参加者の氏名(フリガナ) ④電話 ⑤学生は学校名・学年
        申し込み〆切:9月23日(金)必着※定員を超えた場合は抽選となります。
(7)問い合わせ:  スリーエム仙台市科学館


 「未来のエネルギーを学ぼう!」
(1)日時: 10月8日(土)~10月12日(水)
(2)内容: 「エネルギーとは何か?」や「現在のエネルギー問題」を簡単にご紹介し、次世代のエネルギーとして「藻類バイオマス」「水素」「有機薄膜」の3つをご紹介します。水素で動く燃料電池自動車も展示します。
(3)場所: スリーエム仙台市科学館 3階 エントランスホール
(4)対象: どなたでも
(5)参加費:  無料
(6)問い合わせ:  仙台市 防災環境都市推進室 ℡022-214-8467

●「未来のエネルギーを学ぼう!」関連イベント 実験教室   

実験教室
  教室名(内容) 日時・場所 対象等
「藻(も)」からエネルギーを生み出す仕組みを知ろう!
講師:筑波大学教授 鈴木石根氏
10/8(土)
13:30~15:30
2階 第2実験室
小学5~6年生20人
〔抽選〕
水素からエネルギーを作ろう!
講師:東北大学特任教授 河野龍興氏
10/9(日)
13:30~15:30
2階 第4実験室
小学5~6年生20人
〔抽選〕
太陽電池で動くおもちゃを作ろう!
講師:三菱化学 株式会社
10/10(祝・月)
13:30~15:30
1階 市民の理科室
小学5~6年生20人
〔抽選〕

(1)参加費: 無料
(2)申込:  往復はがき(往信52円、返信52円)に下記の必要事項を記入の上、科学館宛にお申し込みください。
        ①イベント名 ②住所 ③参加者の氏名(フリガナ) ④電話 ⑤学生は学校名・学年
        申し込み〆切:
9月30日(金)必着※定員を超えた場合は抽選となります。
(3)問い合わせ: 仙台市 防災環境都市推進室 ℡022-214-8467

      




★仙台青葉学院短期大学と仙台市科学館が連携協定を締結しました

○仙台青葉学院短期大学(学長 鈴木一樹)と仙台市科学館が相互に連携協力し、科学技術に関する学習及び知識の普及啓発の推進に寄与するために、8月10日に協定を締結しました。

○青葉短大は科学館の展示や事業、学生の科学館ボランティア参加などについて、科学館は青葉短大の科学教育などについて、協力を行います。

○平成28年度は、青葉短大のこども学科及び栄養学科に関する活動を予定しています。

仙台青葉学院短期大学栄養学科学生の科学館学習の様子


イベント情報

  これまでに科学館で行ったイベントや調査・研究および広報誌等を紹介します。

  平成27年度に開催したイベントはこちら
  平成26年度に開催したイベントはこちら
  平成25年度に開催したイベントはこちら
  平成24年度に開催したイベントはこちら
  平成23年度以前に開催したイベントはこちら

 

プロジェクト
東北地方太平洋沖地震の復興プロジェクト
るねっ・サイエンス

科学・理科教育の力で未来を明るくする!
るねっ・サイエンス

 スリーエム仙台市科学館は、第2次世界大戦後の復興を目指して錦町公園のレジャーセンターの「サイエンスルーム」で産声をあげました。
 科学啓発を主たる目的として、科学の発展を通して日本の復興を目指そうとしたところが原点(科学館便り「道無限」参照)です。
 今回の震災を乗り越えるために、科学館で取り組む復興プロジェクトが「るねっサイエンス」です。
 科学の楽しさを普及啓発しながら、仙台、宮城、東北の皆さんを元気にしていきたいと考えています。

自然豊かな蒲生干潟 継続観察プロジェクト
自然豊かな蒲生干潟 継続観察プロジェクト

頑張ろう仙台 私たちの街だから

 スリーエム仙台市科学館では、毎年、蒲生干潟をフィールドにして自然観察会を行ってきました。震災によって大きな被害を受け、変わり果ててしまった蒲生干潟ですが、豊かな干潟として回復していく姿を科学の視点で継続観察していくこととなりました。
 蒲生干潟が、海浜植物が豊かに生育し、多くの水鳥が集まる干潟に再生していくように、私たちの暮らす街・仙台市も元気を取り戻していきたいと念じています。

このサイトはFlashを使っています。お持ちでない方はAdobe社ホームページよりFlash Playerのプラグインをダウンロードしてからお楽しみください。 Get ADOBE FLASH PLAYER

〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - Sendai City Science Museum.All Rights Reserved.