HOME > 科学館点描

大人の科学教室「レンズの話~カメラ、望遠鏡、顕微鏡~」

 レンズを使った工作を行いました。

 今年度2回目の大人の科学教室は、「レンズで工作」をテーマに行いました。講師は板橋誠二社会教育指導員です。

 光の反射や屈折の性質についての講義から教室は始まりました。
同一の物質中では光は直進しますが、別の物質との境界では光が屈折します。それを利用したのがレンズです。数種類のレンズを用いてカメラと望遠鏡を工作しました。

 カメラは胴体の部分とレンズ、スクリーンをそれぞれ作りました。レンズを取り付けず小さな穴を開けたピンホールカメラや焦点距離の違うレンズをとりつけるとスクリーンに写る像の明るさや大きさが違います。スクリーンにきれいに写った像を見て参加者からは「オー」と歓声があがりました。

 カメラの次は望遠鏡です。レンズの組み合わせを変えながら望遠鏡の仕組みを勉強しました。参加者の方からは「子どもの頃わからなかったレンズの仕組みを楽しく学べて良かったです」とか「なんとなくわかっていたつもりのレンズの話がよくわかった、実際自分でつくってみることが楽しいです」との声がありました。



〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - Sendai City Science Museum.All Rights Reserved.