HOMEイベントガイド > 過去のイベント

ジュニア化学への招待~楽しい化学実験室~
第5回「水の硬度をはかる」

平成30年2月17日(土)に,楽しい化学実験室が行われました。

 第5回のテーマは「水の硬度をはかる」でした。今回は宮城教育大学の猿渡英之先生に講師をお願いしました。参加者の皆さんは,講師の先生の話をしっかり聞いて,様々な実験に取り組みました。

 楽しい化学実験室開始の様子です。猿渡先生の説明を皆さん真剣に聞いてから実験に取り組みました。

 まずは「硬度100」の基準となる水を調べました。硬度100を10mLはかりとり,薬品を加えていきました。

 塩化ヒドロキシルアンモニウム水溶液とpH10緩衝液を加えてからEBT指示薬を2滴加えると液全体が「赤色」に変わりました。

 次にEDTA溶液を1.0mL正確にはかりとって,液全体が「青色」になるまで繰り返し加えていきます。EDTA溶液1.0mLを何回加えたところで変色したかを記録しました。

  先ほどの加えた数(1.0mLずつを加えた数)を参考に,2つ目のビーカーでは変色が近づいたら一滴ずつ滴下して,その値を滴定値としました。

  「硬度100」の水で得られたデータをもとに,同じ手順で「他の水」について滴定値を測定しました。「他の水」は調べた順に次の通りです。「evian(市販のミネラルウォーター)」・「水道水」・「中硬水(スーパーで販売している水)」

 それぞれが実験方法を習得し,「他の水」の滴定値をそれぞれ実験により確かめました。さらに,滴定値を代入して計算するとそれぞれの水の硬度が算出されました。その値と商品に記載されている硬度の値を比べたところ,どの参加者も非常に近い値となっていました。正しく実験が行われたことにみなさん満足している様子でした。

 今年度の楽しい化学実験室はこの第5回で終了です。今年度参加いただいた皆さん,講師の先生方,本当にありがとうございました。
  みなさん来年度も楽しい化学実験室にぜひ参加してみてください!


〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - Sendai City Science Museum.All Rights Reserved.