HOME > 科学館点描

サイエンスショー「色の科学マジック」

サイエンスショーに新しいテーマが加わりました!

 春休みが近づき、休日の科学館はたくさんのお客様で賑わっています。科学館では土曜・日曜・祝日に不定期でサイエンスショーを行っています。今年度、サイエンスショーに「色の科学マジック」という新テーマが加わりましたので一部ご紹介します。

 最初の実験は「エア書き初め」です。紙に筆で何か書いていますが、文字は見えません。何と書いたのでしょうか?

 その紙をストーブで温めました。すると、紙の上に青い文字が浮かび上がりました。さらに、濡れタオルで紙を押さえると、今度は文字が消えてしまいました。
 この実験では塩化コバルトの性質(塩化コバルト水溶液は水分に反応すると色が変化します)を利用しています。

 次の実験は「振って色を出す、色を消す」です。
透明な液体がペットボトルの中に入っています。こちらを勢いよく振るとどうなるでしょう?

 この実験は来館者の方にも参加してもらいました。ただ振っただけでは変化はありません。そこで、「気合いを入れて!」との指示があり、ペットボトルに気合いを注入!
 気合いがたっぷり入ったところで再び振ってみると・・・

 あっという間に色が変わりました!鮮やかなピンク色です。一瞬の変化に観覧席からは驚きの声があがりました。
 この実験ではフェノールフタレイン溶液の性質を使っています。フェノールフタレイン溶液は、アルカリ性に反応します。

  このあとも様々な科学マジックが披露されました。マジックと言っても、すべて科学的に説明できる反応による色の変化です。詳しい説明もしています。
 この続きはぜひ科学館でご覧ください!

 


〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - Sendai City Science Museum.All Rights Reserved.