HOME > 科学館点描

自然観察会②「川崎鉱山跡の鉱物」

平成28年5月21日(土) 自然観察会「川崎鉱山跡の鉱物」が行われました。

 川崎鉱山は昭和初期まで稼働していた銅の鉱山です。鉱山では目的外の鉱物や品位の低い鉱物は「ズリ」と呼ばれ捨てられます。今回の自然観察会では、当時「ズリ」として捨てられた岩石の山から鉱物を採集するのが目的です。

 集合地点から採集場所まで、約20分間かけて林道や山道を歩きます。

 赤茶色の「ズリ」でできた山に到着。「ズリ」が積み重なり、意外と高い山になっていて驚きます。ここが今回の目的地です。

 鉱物が入ってそうな石を見つけてタガネをあて,ハンマーでたたきます。破片が飛び散る可能性があるので、ゴーグルを装着しています。

 途中、通り雨が降りましたが、大人も子供も夢中になって鉱物を採集しました。

 今回の自然観察会で採集された黄鉄鉱です。このほかにも石英や黄銅鉱、閃亜鉛鉱が採集されました。



〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - Sendai City Science Museum.All Rights Reserved.