HOME > 科学館点描

自然観察会➀「焼河原の化石」

平成28年4月23日(土),小学生以上を対象に自然観察会➀「焼河原の化石」が行われました。

 泉区焼河原(やけがわら)付近には,貝化石を多く含む地層が地表に現れているところがあります。この地層は約500万年前に仙台が冷たい海だったときに積もったもので竜の口層と呼ばれています。今回の自然観察会はハンマーとタガネを使ってこの地層から化石を掘り出し,採集することが目的です。

集合場所から沢沿いに歩き化石採集地に移動します。化石採集地に着くと,まず,目的となる化石をこわさずにきれいに取り出す方法の説明がありました。


河床には貝の化石が一面に広がっています。地面に白っぽく見えるところが,すべて貝の化石です。


ねらった化石のまわりにタガネをあてハンマーで打ち込んで,慎重に掘り進めます。

晴天の中,約1時間30分の化石採集体験でした。大人もこどもも夢中になって化石を採集しました。


大物の化石を掘り出しました。
参加者のみなさんからは,「子供の興味が更に高まりました。子供にはいっぱいいろいろな体験をしてほしいと思っています。」「いろいろな化石がとれて楽しかった。」「大人も楽しめました。」といった感想が寄せられました。



〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - Sendai City Science Museum.All Rights Reserved.