HOME > 科学館点描

震災復興・国立科学博物館コラボミュージアムin仙台
「アロサウルスがやってきた!」

 とても貴重な恐竜の実物全身骨格化石です!お見逃しなく!

 3月18日(火)から,震災復興・国立科学博物館コラボミュージアムin仙台「アロサウルスがやってきた!」を科学館3階エントランスホールにおいて開催しています。


 
 科学館の館内に入ると,体長約7mのアロサウルス実物全身骨格化石が迎えてくれます。
 アロサウルスは,今から1億5千万年前(ジュラ紀後期)に北アメリカ大陸に生息していた大型肉食恐竜です。

  今にもこちらに動いてくるような感覚にとらわれます。
 
  あまりの迫力に,来館した子どもたちは興奮を隠しきれません。「大きい~」「かっこいい」と化石を見た感想を口にしていました。




 アロサウルスの化石各部を拡大してみると…
  これは下顎の歯の部分です。鋭い歯が何本もついていますね。アロサウルスは肉食恐竜ですが,この歯で獲物を捕らえていたんですね。
 
  これは後脚の部分です。体重を支えるため,しっかりとしたつくりになっていることが分かります。




 アロサウルスのほか,ティラノサウルス実物大の脚パズル,直接触ることができるステゴサウルス実物化石,標本レスキュー活動・コラボミュージアム紹介パネルを展示しています。
 


震災復興・国立科学博物館コラボミュージアムin仙台「アロサウルスがやってきた!」は
4月20日(日)まで開催しています。

※毎週月曜及び3月27日(木)は休館日です。

〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - 2011 Sendai Science Museum.All Rights Reserved.