HOME > 科学館点描

復興イベント 「るねっ・サイエンス あれから3年・・・」

 科学の力で未来を明るくする!

 3月9日(日)に,東日本大震災復興イベント「るねっ・サイエンス あれから3年・・・」を開催しました。震災の記憶を風化させないよう様々な震災にまつわる講演会やワークショップなどを行いました。


 
 2011年に開催された全国高専ロボコンでロボコン大賞と優勝を勝ち取った仙台高専の競技ロボット「OR」のデモンストレーションです。

  犬型ロボット「ササリー」は、人の後をおそるおそるついて行きます。
 
  東北大学災害科学国際研究所の菅原大助氏による講演会です。コンピューターシミュレーションを用いて津波の様子を丁寧に説明してくださりました。
 
  岩沼市沿岸の地層のはぎ取り標本です。貞観津波や3年前の津波の痕跡が残されています。指で指しているところが3年前の大津波の堆積物です。
 
  東北大学「ウインドノーツ」による人力飛行機の復元作業の様子です。来館者に人力飛行機についての解説を行いました。
  2011年震災の年と翌年の2012年、東北大学「ウインドノーツ」は震災の影響にも関わらず、鳥人間コンテストで2連覇を達成しました。震災に負けずに「ものづくり」に励んだ当時の様子を話してもらいました。
 
 ワークショップ「地震について学ぼう」です。津波の起こる仕組みや、地震による影響をモデル実験で学んでいただきました。
 液状化の様子です。東日本大震災時には多くの場所で液状化現象が見られました。これからも震災の記憶を風化させないよう様々なことに取り組んでいきます。



〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - 2011 Sendai Science Museum.All Rights Reserved.