HOME > 科学館点描

小企画展「蒲生干潟の今・昔」

 震災後継続調査を行っている蒲生干潟の様子を展示しています。

 3月16日(日)まで,「蒲生干潟の今・昔」と題し、七北田川河口に広がる蒲生干潟の様子を展示しています。


 
 3階エントランスホールに、生物の標本やパネルを展示しています。
 
 震災前に撮影したアサリやチゴガニの動きをご覧いただけます。
 
  震災前に生息していた生物の標本や、干潟での学習活動を紹介しています。
 
  干潟に生息する生物は、子供たちにとって良き遊び相手でもありました。
 
  科学館では震災後、月に1回のペースで蒲生干潟の調査を行っています。震災から3年が過ぎ、生物も少しずつ戻ってきました。
 
 生物が戻ってくるためには、生きていく環境が整っていなければなりません。科学館HP「自然豊かな蒲生干潟 継続観察プロジェクト」もぜひご覧下さい。



〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - 2011 Sendai Science Museum.All Rights Reserved.