HOME > 科学館点描

小企画展「増田孝一郎コレクション」

増田氏が研究のために収集された化石や研究の成果をご紹介します

 2013年1月に亡くなられた,新生代第三紀の貝類化石の研究において,第一人者である宮城教育大学名誉教授 増田孝一郎氏が収集した化石や研究業績等に関する展示です。
 増田氏には,生前,これまでの研究のために収集してきた化石等を科学館に寄贈していただきました。その化石等を展示するとともに,増田氏のこれまでの研究の成果もご紹介しています。


4月28日(日)より小企画展を開催しております。展示会場は3階WOODSコーナーです。


増田氏のこれまでの業績をご紹介しています。


増田氏が著作した本には,子ども向けのものもあります


カモメガイ等の穿孔貝(せんこうがい)が,硬い岩石に穴を開けて作った
巣穴の化石を展示しています。


今回は,化石だけでなく,現存しているカモメガイについて標本等も展示しています。
(標本は,増田氏の教え子である千代田氏から貴重な標本をお借りしています。)


日本古生物研究会 学術賞,論文等を受けた研究内容を展示しています。


仙台市付近の地層でも見られる貝化石や増田氏にゆかりのある化石の紹介をしています。

小企画展「増田孝一郎コレクション」は4月28日(日)~6月16日(日)の期間
開催しております。多くの方々のご来場をお待ちいたしております。

〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - 2011 Sendai Science Museum.All Rights Reserved.