HOME > 科学館点描

自然観察会「茂庭層の化石」

仙台が亜熱帯の時代だった頃の化石を採集しました

 10月21日(日)に、「自然観察会『茂庭層の化石』」を開催しました。昨日の友の会研修会同様,紅葉も美しいさわやかな秋晴れとなりました。40名の方々が参加されての観察会でした。
 赤石橋周辺でみられる茂庭層(約1500万年前)は、現在よりもずっと暖かい亜熱帯の海の時代に堆積した地層です。岩礁性を示す硬いレキ岩中の化石や、海がやや深くなったことを示す砂岩層中の化石を採集しました。
 二枚貝ノトキンチャク、巻貝ムカシマユツクリ、腕足類ミヤギタテスジホウズキガイ、メジロザメの歯などが採集されました。珍しいものでは、ナナオニシキも採集されました。



固いレキ岩層に負けず採集します。


巻き貝をゲット!


穿孔貝が開けた巣穴の化石です。


ナナオニシキです。


〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - 2011 Sendai Science Museum.All Rights Reserved.