HOME > 科学館について

科学館について

仙台市では、昭和27年にレジャーセンター内に「サイエンスルーム」を開設し、市内の中学生を対象にした実験指導である「科学館学習」を実施してきました。
仙台市科学館は、このサイエンスルームを前身として、昭和43年に仙台市中心部に開館し、平成14年6月に開館50年を迎えました。

科学館学習の他に、展示や生涯学習などの活動を通して多くの市民に親しまれてきましたが、より空間的、機能的な発展を目指して、平成2年に台原森林公園内に移転しました。新科学館は、科学館学習に新たに展示学習や実験選択制を導入したり、国内でいち早くコンピュータネットワークを構築するなど先進的な取り組みを続けています。

科学館基本理念・基本方針

基本理念

前文
仙台市科学館はこれまで,社会教育施設としての充実を図るとともに,学校教育とも積極的に連携を深めながら,東北の中枢都市にふさわしい科学系博物館を目指し機能の強化に努めてきました。今後とも,創造性を培うための研修の場・学習の場・憩いの場として市民の多様なニーズに応えられるよう次に掲げる機能の充実に努め,高度な機能を備えた総合的で,かつ,開かれた科学館をめざします。

  • 理工系・自然史系・生活系を中心とし,博物館としての機能を充実させた科学館
  • 参加体験型の展示を通して科学の原理法則にふれることができ,創造力をよび起こすことのできる科学館
  • 郷土の自然の大切さを知り,環境を保全することの重要性を学ぶことのできる科学館
  • 児童生徒への効果的な理科教育を実践し,教育現場からの支援の要請にも的確に応えられる科学館
  • 幼児から高齢者までの生涯にわたる科学の学習を支援し,広く市民に学ぶ機会を提供できる科学館

(平成23 年11 月改訂)

基本方針

前文
基本理念の実現をめざし,以下に掲げる基本方針のもとに,事業の質の確保と機能の充実に十分に配慮しながら,効率的な事業運営を行います。

  • 「自然を理解し,生活を支えていくための科学」の役割を正しく伝えるため,幼児から高齢者まで多くの市民の方々に親しんでいただけるよう,わかりやすい展示や企画を行います。
  • 地域の貴重な財産である標本や資料の収集・保管に努め,調査研究を通じて科学的事実を体系化することによって,知識として社会へ還元できるよう努めます。また,このような学芸機能を強化するために,大学や研究機関との連携を深めるとともに,計画的な人材育成に努めます。
  • 展示内容については,時代の要請に合わせて常に見直しを行い,「見て・触れて・ためす」参加体験型展示の充実に努めます。来館者が展示のコンセプトを驚きと感動を持って受け止め,実験や観察を通して科学により親しみをもっていただけるようホスピタリティの向上に努めます。
  • 最新の科学技術情報や科学館の事業内容をわかりやすく情報発信できるよう努めます。また,子どもたちの様々な疑問に答えられるよう職員の人材育成を図ります。
  • 郷土仙台の豊かな自然環境を活かし,自然観察会などの開催を通じて自然と触れ合い,自然から学ぶ機会を提供します。
  • 子どもたちの興味や関心を高めるための教材開発や授業開発を行い,実証的・実験的な理科教育を行う場となるよう努めます。また,高い専門性が要求される理科の特質を考慮し,理科教員の研修の場として,また,資料センターとして教育現場の期待に応えられるよう努めます。
  • 生涯学習の視点に立ち,市民の多様なニーズに応え,広く利用者に親しまれる運営を行います。特に,児童教育を通して親の知的好奇心へも対応できるよう努めます。また,知の循環型社会実現のために市民の持つ潜在力がボランティア活動などを通じて社会全体に還元できるような場の提供を目指します。

(平成23 年11 月改訂)

館長より

 2011年3月11日の大地震と津波、およびそれに続く原子力災害により、私たちのまち仙台をはじめとする東日本の各地は甚大な被害を受けました。それとともに、これらの被害を予見することや防止することに力を発揮できなかった科学・技術への信頼は、大きく揺らぐことになりました。
 それでは、科学はそんなにも無力なものなのでしょうか。そうではない、そうであってはならない、と私たち仙台市科学館は考えています。今、少しずつ復興の道を進み始めようとしている私たちにとって、科学・技術はなくてはならない基盤であるはずです。
 仙台市科学館は、1952年(昭和27年)に「サイエンスルーム」として発足して以来、学校教育における理科教育の充実に貢献するとともに、次第に展示部門を充実させて、「ふれる科学、ためす科学」をモットーとしてその歩みを進めてまいりました。
 そして今、市民の皆さんが科学・技術への信頼を建て直し、復興への確かな一歩を踏み出せるよう、科学館自身の復旧はもとより、復興を支援する様々な団体と連携した各種のイベントの開催や、被災した学校での理科教育への支援、被災博物館へのレスキュー事業、地震・津波に関連する調査研究などに力を入れているところです。
 「ともに、前へ」。仙台市はこの言葉をキャッチフレーズとして、東北の先導となるべく復興に取り組んでいます。仙台市科学館には、仙台市内はもとより、宮城県内や近県から、子供たちをはじめとして多くの来館者が訪れます。私たちは、科学に関する展示や教育を通して、仙台、東北の復興に貢献していきたいと考えています。  ともに前へ、仙台。ともに前へ、東北。

仙台市科学館 館長  
石井 鉄雄

沿革

昭和27年 6月 サイエンスルーム開設・実験指導開始(科学館学習)
昭和29年 9月 第1回仙台市児童生徒理科作品展開催
昭和43年 5月 仙台市科学館開館(実験室2、展示室1)
平成2年 9月 新仙台市科学館開館
平成3年 4月 館内コンピュータネットワークシステム完成
平成8年 4月 インターネットホームぺージ開設
平成12~13年度 展示室リニューアル(新展示物公開)
平成14年 3月 開館50周年記念事業の開催

施設概要

名称 仙台市科学館
所在地 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
建築構造 鉄骨鉄筋コンクリート造及び一部鉄骨造地上5階塔屋2階建
敷地面積 16,144m²
建築面積 5,374.99m²
延床面積 12,207.70m²

科学館の仕事

展示学習事業 常設展、特別展、企画展など
教育関連事業 科学館学習、仙台市児童・生徒理科作品展、自由研究教室、博物館実習など
生涯学習事業 自然観察会、ロボット教室、身近な科学教室などの各種教室や講座
調査研究活動 資料の収集や保管、調査研究など

科学館年報

仙台市科学館協議会

設置の趣旨

 博物館法第二十条第一項の規定に基づき、仙台市科学館協議会を置く。
 仙台市科学館条例第9条により、仙台市科学館には「仙台市科学館協議会」が設置され、より良い科学館運営についてご意見をいただいております。

会議の公開・非公開

公開

会議の開催状況


       
開催日 内容等
平成29年度
第1回
平成29年7月7日(金) 【主な議題等】
1 平成28年度主要事業実績及び平成29年度事業計画について
2 平成29年度科学館特別展について
3 平成29年度科学館学習(物理分野)の授業開発について

【議事録・会議資料等】
議事録【PDF 310KB
次第【PDF 65KB】
資料(平成28年度主要事業実績報告)【PDF 290KB】
資料(平成29年度事業計画)【PDF 293KB】
資料(科学館ウェブアクセス数)【PDF 327KB】
資料(平成29年度科学館特別展について)【PDF 228KB】
資料(特別展示室会場図)【PDF 1201KB】
資料(エントランス図)【PDF 159KB】
資料(平成29年度科学館学習(物理分野)の授業開発について)【PDF 408KB】

仙台市科学館協議会委員名簿

平成28年度以前の協議会開催状況

〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - Sendai City Science Museum.All Rights Reserved.