原生生物図鑑
アオミドロ
クリックすると拡大します。

アオミドロ


スピロギラ Spirogyra
筒の形をした細胞が、縦に一列に並び、枝わかれせずに糸のようになっています。たくさん増えているときは、肉眼では緑色の綿のように見えます。水田で採集しやすく、6月ごろよく接合が見られます。
それぞれの細胞の中に、葉緑体が帯状にらせん形になっているものがアオミドロで、二個の星型の葉緑体を持つものがホシミドロと呼ばれます。

用語解説
接合・・・原生動物などで二つの個体(細胞)の核が合体して一つの細胞になること。
葉緑体・・・緑色植物やソウ類が光合成を行うためにもっている細胞内の器官。
もどる